「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

超俯瞰!「目からウロコの美術史7万年-簡単理解法」講座

美術初心者の方が、美術史を一気に学ぶための~超俯瞰!美術史まとめ講座~・・
毎度リニューアルを重ねお陰様で
今年で10年目となります。

美術史家の先生たちには叱られそうな講座ですが、美術史を深く学ぶ一歩手前として便利でお得な内容です。
d0130395_14020730.jpg
d0130395_10115782.jpg


◆日程:
 8月20日(土) 17:00~20:30頃(少しオーバーする可能性あり。)

◆場所:ルカノーズアトリエ 地図 http://renji8.exblog.jp/6246447/
◆参加費:6,000円(税込6,480円)

オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
(一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。)


★ブログに掲載しております
オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。


◆お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、日にち、「美術史7万年講座」参加希望と明記の上、info@lukanose.com までご連絡ください。




★以前の参加者アンケート★

◆断片的だった美術史にまつわる単語が、意味を持って線でつながりました!絵画、アートを楽しむための道具を一つ手に入れた感じがします。クイズ形式で最後に「考える」ことで、講座内容の復習につながり、また知識の応用の仕方を学べてよかったです。(事務系会社員・女性)

◆歴史全体の流れが理解でき、他では教えて貰えないような楽しく理解できる講義でした♪ (クリエイティブ系・女性)

◆本当におもしろかったです、美術史はつまらないとおもっていたけれど、すごく興味深く、
2回目が待ち遠しかったです。 集中して聞けたのであっという間におわっちゃいました。
自分の絵を書く上でもヒントになるような講座で、とても勉強になりました。・・・(自営業・女性)


◆美術史を全く知らずに参加しましたが、わかりやすく楽しく説明していただいたおかげで流れを掴むことができ大満足です。特に現代アートの部分は、美術史を知る事でその面白さや深みを感じる事ができるようになり、とても良かったです。まさに、すぐに美術館に行きたくなるような内容でした。(医療系・女性)


◆講座はテンポ良く進んでいき、集中して聴講することができました。楽しく聴き終わった後には
、美術史の流れを掴むことが出来たと実感しており、とても満足しています。(30代女性・医療関連職)

◆短時間であんなに美術史を簡単に説明してもらえてかなり、目からウロコでした。(20代女性)

◆ほんと、今回の講座に参加したら、絵を描いたり、美術館に行くのもますます楽しくなると思う。
(30代女性)

◆何から手をつければいいのかわからない美術史を、大事そうなところ中心に教えてもらえた。
これから興味が出てきたら、今回のをもとに自分でも調べたり見たりしたいと思いました。
(20代女性・技術系会社員)

◆ 美術には素人ですが参加いたしました。「自分の知ってる絵」が人類の時間軸とその時代背景に絡ませた内容はわかりやすく、もう一度聞いてみたいと思いま す。 人間はあたらしいものを求めつつも飽きる生き物であること、時代は繰り返すことなど、今の仕事にも非常に参考になりました(50代男性・経営・管理職)



[PR]
# by renji-misugi | 2016-08-11 11:02 | オープンカレッジ | Trackback | Comments(0)

「千人仏(千人菩薩教習楽面図)」が東京国際フォーラムで展示.明日まで!

本日より、ルカノーズと有限責任監査法人トーマツ共催のプロジェクト、、
ドキュメンタリー絵画「千人仏(千人菩薩教習楽面図)」が東京国際フォーラムで展示されます!
a0268618_10125763.jpg
a0268618_10130770.jpg
a0268618_10130320.jpg
a0268618_10134465.jpg

<本展のみどころ>
○被災者自らの手で描かれた約930枚の木炭画「現代の千人仏(千人菩薩教習楽面図)」が
表具師(東京表具経師内装文化協会)の「匠」の技で一堂に展示されます。
○「千人仏プロジェクト(千人菩薩教習楽面図)」は震災後の社会を象徴し、
震災を後世に伝えるシンボルとなる現代アート作品です。
本展では日本の伝統技能である表具、経師、内装文化と一体となり、空間インスタレーションとして展示されます。
(東京都美術館では丸山応挙に倣ってたらし展示でしたが、今回は巨大なフラット展示!)

<開催要項>
■名称: ものづくり・匠の技の祭典2016
■会場:東京国際フォーラム(ホールE、ロビーギャラリー)
■会期:2016年8月10日(水)~8月12日(金)10:00~17:00
■ものづくり・匠の技の祭典2016ホームページ http://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/

【お問い合わせ先】
千人仏プロジェクト実行委員会
(有限責任監査法人トーマツ、絵画教室ルカノーズ 共催)
代表 三杉レンジ

住所:目黒区下目黒3-18-7-301ルカノーズ
電話:080-5081-8831(三杉) 

[PR]
# by renji-misugi | 2016-08-11 11:02 | 千人仏プロジェクト | Trackback | Comments(0)

ポコラート2016(アーツ千代田3331)

ポコラート2016(アーツ千代田3331)
ルカノーズの生徒たちの活躍がスゴイ!

画像にある発泡スチロール作品の三輪一呂美さん、ルカノーズで4年目!?
彼女が来ると「アーティスト指数は先生を超えてる!」といつもからかわれるほどナイスキャラクターであるのだけども、冗談抜きにグッとくる作品を制作する人だ。

そして通常のコンペとは異なり、大人と子供、障害者と健常者の境目をゼロにして審査する、つまり作品力だけで勝負するという、、このポコラートという場でやっとそれが顕在化できてきた感がある。

ポコラート8/8まで展示中!
http://pocorart.3331.jp/
d0130395_22573892.jpg
★ルカノーズでアートをスタートした時点では、視力に重度の障害を持ち、いつも専用の虫眼鏡を片手に絵を描いていた。
一昨年、視力回復の手術を行い視力が一気に回復。
そこで「黒の真っ黒さ!・赤の真っ赤さ!」に衝撃を受けたという。

魚屋なのによくある発泡スチロール箱に黒と赤の顔料を塗りこめて、復活した「視覚」の喜びを、玉手箱を開けた衝撃のように表現されたこの作品は力強い。↓
(実際に3331に送りつけたらしい。発布スチロールのフタを開けた瞬間の審査員はどう思ったことか!?・・・余計な言葉で文脈を考えるとアニッシュ・カプーア的素材+彼女のリアルアイフ+「YBA」的ニューコンセプチュアルとかとか!?。・・・現在制作中のセルフヌード{おばさんアリス}シリーズや、パンティストッキング絵画なども楽しみだ!・・・というか、、ここに書いた彼女の作品のコンセプトはしっかり審査員に伝わっているのか、(^_^;)、、)
d0130395_22575898.jpg



d0130395_22574560.jpg
d0130395_22575334.jpg

d0130395_22580973.jpg
ルカノーズこどもくらすの合木恵理奈ちゃん。

d0130395_22581348.jpg


d0130395_23050342.jpg
d0130395_22575587.jpg
d0130395_23100726.jpg
千人仏プロジェクトにちなんで制作された「千綿仏」。
ルカの金古先生の安定感ある作品。

[PR]
# by renji-misugi | 2016-08-03 23:30 | 一般クラス | Trackback | Comments(0)

「Indipendent」タグボートアートフェス終了!

1日だけでアートフェス、、タグボートIndependent。
http://www.tagboat.com/event/Independent_tagfes/index.html
会場は現代アートファンが押しかけて歩くのも困難な状況。

今回はNYのコマーシャルギャラリーでの展示という副賞があるからか200名近いアーティストが参加!
ルカノーズからは嶋田かなへさん、二宮千都子さんが出展・・・そして驚!!!お二人ともNY展示決定!

おめでとう~!!
d0130395_08573859.jpg
d0130395_08574631.jpg
d0130395_08580263.jpg
d0130395_08575133.jpg
d0130395_08580873.jpg
ルカにもよく遊びにきてくれたりしてる浅間明日美さんは総合4位!(ルカに作品展示してあります。)
d0130395_08582591.jpg
帰りは野菜料理がすべて美味しい浅草橋TRENTA【国産ワインと揚げピザが楽しめるイタリアン居酒屋】で祝勝会!




[PR]
# by renji-misugi | 2016-08-01 09:05 | News | Trackback | Comments(0)

「現代アートの流れ~マルセル・デュシャンとは?~」講座

昨年も大盛り上がりだった現代のアートの祖、「マルセル・デュシャンの基礎知識」講座を
今年も荒井先生のご指導で行います。

■昨年の参加者のご感想より

・他のみなさんのピュアでフレッシュな作品に触れてとても感動し、よい時間を共有させていただきました。中身を交換コしたことでみんなの作品に直接、触れ一体感のようなもの感じることができました。それぞれが作ったものが自分の作ったものでもあるような‥ 作品って一体誰のものなんでしょうか?宇宙のもの? 先生に聞いてみればよかったと 目黒駅までの帰り道 そんな思いに捕らわれました。(女性・匿名希望)

・先生はとても分かりやすい言葉で説明してくれました。
もし一人でデュシャンの作品を見たら「分からんなー。」で終わっていたと思うのですが、作者の思いのようなものを説明してもらうと、作品に対する視線が違ってきます。
造形をしてみたかったので、とても楽しめました。一口に「閉鎖された空間」と言っても、自分は通常の箱のようなものをイメージしていましたが、人によってイメージがまるで 違っているのに驚きました。「こうしなくてはいけない」という規制が無いと、自由に作れるのが楽しいですが、一方で「なんでもオッケー」と言われると、自分のセンスが問われて難しいなと思います。(40代女性・医療関連職)

-----------------------------------------------------------------------

★講師 荒井 伸佳(彫刻家)
http://www.kalons.net/index.php?option=com_content&view=article&id=7912:-in-the-woods&catid=339:exhibitions&lang=ja

なぜ彼が視覚的美しさや洗練された技巧を懐疑し、
身近な素材を使って作品を制作するに至ったのかを理解しながら、
デュシャンのユーモアと考え方に沿って実際に立体作品を制作します。


d0130395_14020950.jpg

◆日程:
2016年 8月6日(土) 17:00~20:00頃

◆場所:
ルカノーズアトリエ 地図http://renji8.exblog.jp/6246447/

◆参加費:
6,000円(税込6,480円)

オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。
★ブログに掲載しております
オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

◆お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、日にち、
「現代アートの流れ」講座 参加希望と明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。

[PR]
# by renji-misugi | 2016-07-25 15:04 | オープンカレッジ | Trackback | Comments(0)


美術と教育などなど。


by renji-misugi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
News
教室・コースについて
無料体験受付中!
参加者の声と教室風景
一般クラス
こどもくらす
オープンカレッジ
千人仏プロジェクト
イベント・実績・取材
コンタクト・MAP
公式サイト
LINK
STAFF ONLY

お気に入りブログ

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...

最新のコメント

そうでしたか、、(^_^..
by renji-misugi at 23:01
いつもお世話になっており..
by 近藤有起 at 21:50
元現代アートロボ。。。本..
by renji-misugi at 20:55
これはこれは〜(・∀・)
by voidchicken at 19:59
カコさん、おつかれさまで..
by maki at 22:13
まきさん。お忙しい中ブロ..
by kako at 20:25
また出れない。上海だ。4..
by sachi san at 21:32

外部リンク

最新のトラックバック

浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
絵画教室ルカノーズ「はじ..
from The art blog ..
「シルクスクリーンTシャ..
from art blog voi..
「イン肖画」展at不動尊..
from art blog voi..
ナツガオワル
from Cobo.研究所日誌

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
教育・学校

画像一覧