カテゴリ:オープンカレッジ( 202 )

「絵画療法と表現病理」講座のご案内!

毎度、大人気の臨床心理士 大川ふみ先生の-絵画療法講座-のご案内です!

絵画療法と表現病理~心理学からみた芸術とは何か~

d0130395_22203024.jpg


「絵画療法」では、絵という手段を使うことで、言葉では表現できないこころの声を聴いていきます。
実際に絵を描きながら、また有名な芸術作品を例に挙げ、心理学的な観点から絵の「読み解き」をしていきます。

今回の講義では、絵の上手い下手はまったく関係ありません。

絵を描きながら、そしてその絵について分析しながら、
普段なら感じ取れないような自らのこころの声に耳を傾けてみましょう。


講師プロフィール

大川ふみ FUMI OKAWA (臨床心理士 / 精神保健福祉士)

目白大学大学院臨床心理学専攻博士課程前期修了。精神科クリニックや大学カウンセリングセンターにおいて心理士として勤務。また福島の被災した小学校へスクールカウンセラーとして派遣されている。専門分野は芸術療法。特に絵画療法や描画テストの研究と実践をしている。主な論文として「人物二人法の描画表現における対象関係論的検討」などがある。日本芸術療法学会認定の芸術療法士



◆日時:2017年10月15日(日)14:00-16:30(時間は多少前後することがあります。)
◆場所:池袋みらい館116号室
http://www.toshima.ne.jp/~taimei/
〒171-0014 豊島区池袋3-30-8(旧 大明小学校) TEL 03-3986-7186

◆参加費:6,000円(税込6,480円・当日精算)
オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
(一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。)


★ブログに掲載しております
オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

◆お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、日にち、
「絵画療法と表現病理講座」参加希望と明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。



以前の講座の感想&様子はこちら↓

・とっても楽しかったです。実際に絵を描き「外向的に見えて内向的な部分が実は強い」ところなどを言い当てられ、やっぱり「バレてる」と思い(笑)脱帽でした。


・臨床心理士の先生が実際用いるという絵画心理テストを実際に受けてみて、いかにそこから分析が行われるのかを知ることができて興味深かったです。 (医療関連職)


・初めて知ること事ばかりで、本当に面白かったです。もっと話を聞きたかったです。芸術家と、単なる病人の違いについての説明にははっとさせられました。


・専門的な話も分かりやすく説明していただき理解できました。実際に絵を描きながらクライアントとセラピストに分かれて絵画療法の流れを体感でき、 芸術家とは何か、を考えさせられるきっかけをもらえました。(匿名・クリエイティブ系)


https://photos.google.com/share/AF1QipO5FLD2Q8Xy_IPp4bkMeKUSZVeFcMYVOoSJytxK7rGCD6uBoNLg3nCVPcwOxBruxw?key=cHBKYlRmVkF1ci1EY0x0cUNNMVJ3SG1FdFEtMHlR

描かれた絵の分析が面白すぎ、、みんなの質問が止まらない講座となりました!

[PR]
by renji-misugi | 2017-09-24 10:41 | オープンカレッジ | Comments(0)

「西洋美術史の<あらすじ>を1回で把握する講座」at池袋みらい館

美術初心者の方が、西洋美術史の「あらすじ(ラスコーから現代アートまで)」
1回で把握する講座を
ルカノーズ 池袋みらい館校にて開催します。

4時間ほどの濃厚な内容ですが、
絵の内容、
素材、描き方など、目に見えるいくつかのポイントを知ることで
見ただけで描かれた時代を言い当てるようになります。


オリジナル美術史年表を制作しながら、
最後はグループでワイワイ話し合いながら
名画クイズに答えることが記憶に結びつきます。

d0130395_14020730.jpg
d0130395_13154260.jpg
グループごとに絵画の特徴について話し合いながら、絵の時代を当てるクイズ。
d0130395_13172252.jpg

◆日程:2017年10月1日(日) 14:00~18:00

■会場:池袋 みらい館大明 108号室(定員20名)

http://www.toshima.ne.jp/~taimei/

〒171-0014 豊島区池袋3-30-8(旧 大明小学校) TEL 03-3986-7186

◆参加費:6,000円(税込6,480円・当日精算)
オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
(一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。)

★ブログに掲載しております
オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

◆お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、日にち、
「西洋美術史のあらすじを1回で把握する講座」参加希望と明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。



★参加者風景&アンケート★
https://goo.gl/photos/X9A8WbpK5tgtEZ3v7

◆断片的だった美術史にまつわる単語が、意味を持って線でつながりました!絵画、アートを楽しむための道具を一つ手に入れた感じがします。クイズ形式で最後に「考える」ことで、講座内容の復習につながり、また知識の応用の仕方を学べてよかったです。(事務系会社員・女性)

◆歴史全体の流れが理解でき、他では教えて貰えないような楽しく理解できる講義でした♪ (クリエイティブ系・女性)

◆美術史を全く知らずに参加しましたが、わかりやすく楽しく説明していただいたおかげで流れを掴むことができ大満足です。特に現代アートの部分は、美術史を知る事でその面白さや深みを感じる事ができるようになり、とても良かったです。まさに、すぐに美術館に行きたくなるような内容でした。(医療系・女性)


◆講座はテンポ良く進んでいき、集中して聴講することができました。楽しく聴き終わった後には
、美術史の流れを掴むことが出来たと実感しており、とても満足しています。(30代女性・医療関連職)

◆短時間であんなに美術史を簡単に説明してもらえてかなり、目からウロコでした。(20代女性)

◆ほんと、今回の講座に参加したら、絵を描いたり、美術館に行くのもますます楽しくなると思う。
(30代女性)

◆何から手をつければいいのかわからない美術史を、大事そうなところ中心に教えてもらえた。
これから興味が出てきたら、今回のをもとに自分でも調べたり見たりしたいと思いました。
(20代女性・技術系会社員)

◆ 美術には素人ですが参加いたしました。「自分の知ってる絵」が人類の時間軸とその時代背景に絡ませた内容はわかりやすく、もう一度聞いてみたいと思いま す。 人間はあたらしいものを求めつつも飽きる生き物であること、時代は繰り返すことなど、今の仕事にも非常に参考になりました(50代男性・経営・管理職)
[PR]
by renji-misugi | 2017-09-11 14:07 | オープンカレッジ | Comments(0)

オープンカレッジ・・・講座リスト


■オープンカレッジの講座リスト■
(過去のレポートは、こちら!)

★はじめてのキリスト教絵画入門講師:金古真紀(調整中)
ダヴィンチ、ラファエロなど西洋名画の多くはキリスト教の聖書の一場面。「美しい」と思うだけでは半分も楽しめていないのです。様々な名画を聖書の流れに沿って読み解き、絵画鑑賞の「基礎の基礎」を身につけます。

d0130395_13485037.jpg



★「名画の必要条件/ピカソ・日本画」講座
講師:三杉レンジ(調整中)
「ピカソのどこがいいの!?」を絵画初心者にもわかりやすく解説します。
雪舟以降の日本の絵画、そして20世紀の西洋名画の歴史を現代まで辿りつつ、そこに共通して見られる「名画の必要条件」を炙り出します。
現代でも多くの追随者が見られるピカソの理論を学ぶことで絵画の新しい見方を発見できるかも!?
d0130395_11505110.jpg



現代アートの流れ。(デュシャン以降の立体アート) 講師:荒井伸佳
(調整中) 

現代のアートに多大な影響を与え、美術の新しい潮流を生み出したマルセル・デュシャン。なぜ彼が視覚的美しさや洗練された技巧を懐疑し、身近な素材を使って作品を制作するに至ったのかを考察しながら、デュシャンの考え方を踏まえた立体作品を制作します。
d0130395_21435198.jpg



★「ヌードクロッキー」講座(調整中)
クロッキーがまったく初めての方にも描き方からお教えします。
d0130395_13545431.jpg


★「美術史7万年のあらすじを1回で把握する講座」 講師:三杉レンジ (調整中) 

1回の講義で洞窟壁画から現代アートまで、オリジナル年表を作成しながら美術史の文脈を一気に学ぶ講座。美術の進化の根底にある必然性を抽出!本で学ぶ細かな事柄ではなく、美術進化の大きな流れを学ぶことで最先端アートも楽しめる基礎知識が身に付きます。講義後半はクイズ形式-「絵画の形式(見た目)で、描かれた絵画の時代を当てる」アクティブラーニング!
(10年以上継続中の定番人気講座です。)

d0130395_15281805.jpg


★「シルクスクリーンTシャツ制作」講座 講師:小原あやか(調整中)

プロのTシャツ屋レベルの制作が可能~!
ここだけのオリジナル器械を使用。参加後は自宅でも簡単に作れるようになります。毎年恒例大人気講座!
d0130395_15203375.jpg


★初心者用・粘土彫刻体験講座 講師:小出ナオキ(調整中)
奈良美智なども所属する小山登美夫ギャラリーで世界的にも注目されているアーティスト
小出ナオキ先生をむかえて、粘土彫刻づくりに挑戦!
d0130395_12194132.jpg


★「マチスの切り絵」講座 講師:三杉レンジ(調整中)
「輪郭線を引いてから中に色をぬる絵画とは異なり、切り絵は最初から色で描くことができる - アンリ・マティス)」後の現代アメリカの巨匠フランクステラなど、数えきれないほど多くの画家に影響を与えたマチス。マチス絵画の流れを時代ごとに考察しつつ彼が晩年到達した「切り絵」にチャレンジしてみましょう。
d0130395_16161229.jpg


★写真を使用した現代絵画講座(調整中)
ルネサンスから使用されていた写実技術の裏側を歴史の流れに沿って解説&体験。
d0130395_14304537.jpg



★アートマーケットのしくみ(調整中)

講師:加賀美 令
日本の美術館入場者数は世界随一と言われます。でも、美術館で鑑賞している作品が実際に買えるものだということは、あまり知られていないのではないでしょうか?
「絵ってどこで買えるの?」「絵の価格はどうやって決まるの?」「ピカソの絵っていくらするの?」
「手持ちの絵を売るには?」などなど、美術作品の流通の仕組み、最近のマーケット情報を分かりやすく解説します。

d0130395_1724710.jpg


★日本美術史ダイジェスト講座(調整中)
◆終了◆2017年7月2日(日) 17:00~20:00頃  講師:山内舞子
日本美術の流れをコンパクトにおさらい。あわせて美術館での作品鑑賞に役立つような豆知識や日本美術特有の表現に込められた機能や意味も紹介します。

d0130395_18365655.jpg


★終了★絵画療法と表現病理~心理学からみた芸術とは何か~ 講師:大川ふみ (調整中)
 2017年10月15日(日)(日程確定・会場は調整中) 

大人気講座!「絵画療法」では絵という手段を使うことで言葉では表現できないこころの声を聴いていきます。
実際に絵を描きながら、また有名な芸術作品を例に挙げ、心理学的な視点から絵の「読み解き」をしていきます。
d0130395_15010545.jpg


d0130395_8203555.jpg


オープンカレッジご参加にあたって


●アトリエ開催● http://renji8.exblog.jp/11583856/

[PR]
by renji-misugi | 2017-08-07 22:21 | オープンカレッジ | Comments(0)

講評会2017風景



今年も盛り上がりました!今年はアートジャーナリストで画家の村田真先生、画家の渡邊香月先生、タグボート徳光社長、、そして小林先生、某出版社の高橋さん、アートディレクターの西条さんにお越しいただき普段とは異なる先生たちのお言葉が刺戟的!?



[PR]
by renji-misugi | 2017-08-06 11:44 | オープンカレッジ | Comments(0)

「林試の森」水彩スケッチ会レポート!

殆どの人が初めて透明水彩絵具を使用、、というスケッチ会。
テーマは「モランディからタイマンスへ」。

リア充な一日!↓写真アルバム
https://photos.app.goo.gl/vlOA5gdMFWFPgBoT2

d0130395_08061732.jpg
d0130395_08061975.jpg


[PR]
by renji-misugi | 2017-07-19 08:09 | オープンカレッジ | Comments(0)

「林試の森で水彩スケッチ講座」(裏拍の絵画/モランディからタイマンスへ)

抽象画全盛の時代に「人が目で見ているものほど、抽象的で不思議なものはない。」と
具体的なモチーフ(瓶)を描き続けたモランディ。

瓶ばかり描いてるように思われがちですが、風景画もちらほら制作してます。
そして、モランディの影響が明らかな大人気画家リュック・タイマンス。

この巨匠たちにならって、~水彩裏拍スケッチ会~を東京・下目黒にある林試の森公園(アトリエより徒歩7分)で行います。
(裏拍=描きたい対象物をあえて描かずに外側を描くことで対象物を表すこと。)

ハガキサイズ+A4サイズを何枚か制作予定。
画像を見てわかるように、、初心者でも5分もかからずにお洒落な絵が出来上がります。笑

難しいことはなく、、ラフな気分で、森林の空気を味わいながら、サラサラお絵かきどうでしょう?
終了後はアトリエで軽い講評会。
(雨天時は翌日が祭日なので翌日)
d0130395_10040281.jpg
d0130395_10105902.jpg
d0130395_10110371.jpg
****************************************************
ハガキサイズの水彩紙・お試し制作 byレンジ
d0130395_10110711.jpg
d0130395_08162211.jpg
いつも鴨がいる林試の森
d0130395_08160744.jpg

◆日時:2017年7月16日(日)14:00~19:00
定員11名
14:00 アトリエ集合~スライド解説
14:40 現場へ
14:50 到着&開始
17:00 アトリエにて講評会開始
19:00 終了

◆場所:ルカノーズ目黒・不動前校
◆参加費:6,480円(透明水彩絵具+パレット+水彩紙+軽食 込)
オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
(ルカノーズメンバーは、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。)

オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、講座名、日時を明記の上
info@lukanose.com までご連絡ください。

[PR]
by renji-misugi | 2017-06-30 14:52 | オープンカレッジ | Comments(0)

7/2★日本美術の流れ+日本美術を楽しむための10のキーワード!★

7月のオープンカレッジ、山内舞子先生の講義です。
(実技なし。絵を描くのが苦手な方もぜひお気軽にご参加ください!)
d0130395_21161586.jpg

★日本美術の流れ+日本美術を楽しむための10のキーワード!★

日本美術の展覧会に行って、見慣れない用語に出会ったり、
日本美術特有の表現に興味を持ったりしたことはありませんか?

このプログラムでは、最初に日本美術の流れを簡潔におさらいし、
さらに日本美術を楽しみ・理解するためのコツを学びます。

日本美術の鑑賞に役立つ用語の紹介や仏像の見分け方、
現代のマンガにもつながる「時間の表現方法」など、
鑑賞がもっと楽しくなる豆知識が盛りだくさん。

教科書で覚えた作品をあらためて見てみたくなるような初心者向けプログラムです。

<講師プロフィール>
http://renji8.exblog.jp/6212725/

◆日時:2017年7月2日(日)17:00~20:00
◆場所:ルカノーズ目黒・不動前校
◆参加費:6,480円(材料費・税込)

オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。

(ルカノーズメンバーは、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。)

オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。


お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、講座名、日時を明記の上
info@lukanose.com までご連絡ください。

[PR]
by renji-misugi | 2017-06-28 09:33 | オープンカレッジ | Comments(0)

「名画の必要条件/ピカソ・日本画」講座

ピカソの絵画がなぜ評価されているのかを誰にでも解る言葉で説明している本がどこかにあるでしょうか?

この講座では、雪舟以降の日本の絵画、そして20世紀の西洋名画の歴史を現代まで辿りつつ、
そこに共通して見られる「名画の必要条件」を炙り出します。
今まで画家たちがあまり語らなかったピカソ絵画の構造を易しく解説します。

講義の後は、実際に条件を満たす木炭画に少しだけトライ。(絵画未経験者歓迎)
講義 約60分+絵 約80分


~参加者アンケートより~

●ピカソ絵画の革新性を、西洋絵画の歴史的脈絡の中で理解しようとする試みがとても明快でわかりやすく楽しかった。
我々はすでに、浮世絵も現代アートもマンガも「なんでもあり」の現代日本に居るが、遠近法と写実を前提とする西洋絵画の世界に生きていたピカソがその打破を行ったことの凄さが明確になった。シンチュレーション効果や「異形」を描くことの視覚効果が理解できた。 やってみるとよく分かったが、この手法は面白い!
キュビズム絵画は、「立体模型の展開図」だとか「ひとつの立体を多角的に見た図だ」と解釈することが多いと思いますが、今回の講義では「シンチュレーション効果」「反転図形の効果」や「異形の視覚効果」といった視点での解釈を試みていました。 ここがすごく面白かった。 これらの手法(=法則)は現代アートやマンガやイラストの中にはっきりと見られるものだと思いました。 (50代男性)

「アート初心者でも理解でき、とても画期的と思う内容でした。社会で生きていると、法則があると知ると少し安心します(笑)」(30代女性)

「論文のようなピカソの解説が大変興味深かったです。今まで、わかったような、わからないような感覚で美術鑑賞していましたが、 目線がかわりました。」(40代女性)

●「とても勉強になりました。これを知ってるのと知らないのとでは、絵を見る楽しさが100倍違うと思います。」(20代女性)

●ピカソが天才と言われている理由や、一見下手と思えるような絵にも緻密な計算がされていたことに驚きました。彼の絵が美術史を変えたことも、納得がいきました。(20代女性)

●ピカソの絵の魅力は目から鱗でした。これから美術館で彼の絵の見方が変わると思います。(20代OL)

今まで、ピカソを含め抽象画の意味や見所がさっぱりわかりませんでしたが、聞いて目からウロコでした。いい加減に描いていたのではなく、緻密な計算がなされていたとは驚きです。これから絵を見る目が変わりそうです。(50代女性)

●よく美術の話をする母にも、ぜひ参加してほしいと思っています。(30代金融・女性)
d0130395_17494765.jpg

*********************************************************

◆日程:2017年4月1日(土) 14:00~17:00(終了時間が少し延長の可能性あり)

■会場:池袋 みらい館大明 115号室(定員25名)

http://www.toshima.ne.jp/~taimei/
〒171-0014 豊島区池袋3-30-8(旧 大明小学校) TEL 03-3986-7186

◆参加費:6,000円(税込6,480円・当日精算)
オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
(一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。)

★ブログに掲載しております
オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

◆お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、日にち、「名画の必要条件/ピカソ・日本画」講座参加希望と明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。
[PR]
by renji-misugi | 2017-03-21 09:21 | オープンカレッジ | Comments(0)

「アーティストの成功のための条件!」講座レポート

昨夜はインターネットギャラリー株式会社タグボートの徳光社長に登壇いただき、
日本のアート業界の状況、さまざまなアーティストの生き残り術などなど現場のリアルな状況を教えていただきました。
アーティストのセルフプロデュースのイロハ!・・・・美大でもこういう講義どんどんやるべきですネ。

d0130395_08171861.jpg

[PR]
by renji-misugi | 2017-03-21 08:28 | オープンカレッジ | Comments(0)

「アーティストの成功のための条件!」講座~徳光ナイト@ルカノーズ不動前~

デザインウィークなどの展示会でいつも大変お世話になっている
株式会社タグボート 代表取締役 徳光社長がルカノーズ登壇!




d0130395_17564818.jpg★「アーティストの成功のための条件!」講座★


ここ数年でアーティストにとっての環境は激変しつつあります。

アーティストの作品販売やプロモーションがギャラリーの仕事であり、アーティストが作品を制作するしかなかった時代から、SNSや様々なネットツールを活用することでアーティスト自らプロモーションして作品を販売することが当たり前の世界になってきました。

このような時代においても、プロとして活躍するアーティストになるには何が必要なのかは美大の授業では一切教えてくれないし、具体的な方法はこれまで手探りで見つけていくしかありませんでした。 しかしながら、一方で我々は多くの成功したプロのアーティストと話をすることで見えてくる、成功するための法則やルールが存在することもわかってきました。

アーティストは起業家であり個人事業主でもあります。

アーティストには「就活」はありませんが、生きていくための知恵と技術は必要であると考えます。 これまで多くのアーティストが苦労した道を敢えてたどることなく、最短距離で突っ走ることで、世界の猛者たちと伍して戦ってほしいと思い資料をまとめました。
是非ご参加のほどよろしくお願いします。



★株式会社タグボート 代表取締役 徳光健治
<総合商社、外資系コンサルティングファーム、モバイルコンテンツ会社を経て、アジア最大級の現代アートのオンライン販売「@Gallery TAGBOAT」の運営に従事。日本の現代アート市場拡大のため、一般の方にも気軽に買える機会を作るべく奮闘中。特に若手アーティストがプロとして活躍できる環境作りに力を入れている。>
タグボートWEBサイト  http://www.tagboat.com/


◆日時:3月20日(月・祭日)17:00-20:00
◆場所:ルカノーズアトリエ

◆参加費:1,500円(税込、懇親会費軽食付き込!)
◆定員15名

お申し込み:(現在満席・キャンセル待ちとなります。)
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、講座名、日時を明記の上、
info@lukanose.com までEメールにてご連絡ください。


[PR]
by renji-misugi | 2017-03-08 14:17 | オープンカレッジ | Comments(0)


絵を楽しく味わいつつも技術も歴史も学びましょう!


by renji-misugi

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
News
教室詳細・クラス
無料体験 受付中!
講師プロフィール
教室風景
オープンカレッジ
展示・イベント
池袋みらい館校
こどもくらす
コンタクト・MAP・公式HP
メディア掲載・協力実績
LINK・生徒作品・コンペ

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...