カテゴリ:オープンカレッジ( 201 )

「ピカソ作品と名画の法則」講座・・・・・(初心者歓迎!)

「ピカソの何がよいの!?」を高校生にも理解できるように歴史的背景を踏まえ易しく解説します。
講義の後は、実際にピカソの絵画構成法を用いて木炭画を制作します。
講義約50分+簡単な塗り絵的デッサン(初心者歓迎!)


~参加者アンケートより~

●「アート初心者でも理解でき、とても画期的と思う内容でした。社会で生きていると、法則があると知ると少し安心します(笑)」(30代女性)

●「論文のようなピカソの解説が大変興味深かったです。今まで、わかったような、わからないような感覚で美術鑑賞していましたが、 目線がかわりました。」(40代女性)

●「xxxxxxだと思った写真を拡大していくと・・・っていうのは衝撃でした。すごいですね。よくわかりました。」(40代女性)

●「とても勉強になりました。これを知ってるのと知らないのとでは、絵を見る楽しさが100倍違うと思います。」(20代女性)

●「絵を見る、あるいは書くときに見方、書き方 のオプションが確実に広がったと思います。」(30代男性)

●ピカソが天才と言われている理由や、一見下手と思えるような絵にも緻密な計算がされていたことに驚きました。彼の絵が美術史を変えたことも、納得がいきました。(20代女性)

●ピカソの絵の魅力は目から鱗でした。これから美術館で彼の絵の見方が変わると思います。(20代OL)


●ピカソ絵画の革新性を、西洋絵画の歴史的脈絡の中で理解しようとする試みがとても明快でわかりやすく楽しかった。
我々はすでに、浮世絵も現代アートもマンガも「なんでもあり」の現代日本に居るが、遠近法と写実を前提とする西洋絵画の世界に生きていたピカソがその打破を行ったことの凄さが明確になった。 「ピカソは童心で自由に描いた」とか「ゴッホは炎の人だ」とか、作家のメンタルな特徴やドラマ仕立ての人間像から作品を理解するのも悪くないが、それだけだと芸術は奇人変人の産物ということになっちゃいます。…もちろん、その傾向もアリですが。 やはりアートは知的作業だと思いました。

写真を見てキュビズムの手法でデッサンをしてみたことによって、シンチュレーション効果や「異形」を描くことの視覚効果が理解できた。 やってみるとよく分かったが、この手法は面白い!
ピカソはこれまでの西洋絵画を自分がどのように刷新していくのか理論的に試行錯誤していただろうが、要するにやってみたら、やたらと面白かったのだろうと思った。 どうしたら「キラキラ感」がでるかな? これ以上、デフォルメしたら完全な抽象になっちゃうな~ とか。 「美人」の写真をキュビズムで描くと、絵画的美しさとは逆に「不美人」の像になっていく…。では現実の「美人」を「美人」として認識させている視覚的要素とはなんだろうか?
興味はつきませんでした。 欲を言えば少し時間が短かった。
キュビズム絵画は、「立体模型の展開図」だとか「ひとつの立体を多角的に見た図だ」と解釈することが多いと思いますが、今回の講義では「シンチュレーション効果」「反転図形の効果」や「異形の視覚効果」といった視点での解釈を試みていました。 ここがすごく面白かった。 現在は、作風としてピカソ的なキュビズム手法そのまんまという絵画は見られないが、これらの手法(=法則)は現代アートやマンガやイラストの中にはっきりと見られるものだと思いました。 この日から、絵だけでなく風景やテレビの画面にも「図と地の反転」を見つけてしまい、目がチカチカ・キラキラします~!(50代男性)

●今まで、ピカソを含め抽象画の意味や見所がさっぱりわかりませんでしたが、聞いて目からウロコでした。いい加減に描いていたのではなく、緻密な計算がなされていたとは驚きです。これから絵を見る目が変わりそうです。(50代女性)

●よく美術の話をする母にも、ぜひ参加してほしいと思っています。(30代金融・女性)


◆日程:
2月28日(日) 17:00~20:30 

◆場所:ルカノーズアトリエ 地図http://renji8.exblog.jp/6246447/


◆参加費:6,000円(税込6,480円)
オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。
★ブログに掲載しております
オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

◆お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、日にち、
「ピカソ・名画の法則」講座参加希望と明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。

d0130395_1056127.jpg

[PR]
by renji-misugi | 2016-01-23 18:32 | オープンカレッジ | Comments(0)

「はじめてのキリスト教絵画入門」講座レポート!

「はじめてのキリスト教絵画入門」講座、ぶじ終了。。。
みなさんすばらしい集中力でした、、、!

<受講者アンケートより>

初めて出席させていただきました。 先生、資料の準備が大変だったと思います。
先生が楽しく、わかりやすく工夫して授業してくださったので、自宅で楽しみながら復習?できます。 ありがとうございました。 (女性・医療関連)

いままでは、宗教画を見ても意味が分からず、ただ単に上手く描けている絵、としか認識出来ずに何が面白いのかさっぱり分かりませんでした。
今回は、聖書の物語、有名なシーン、絵の決まりごとまでとても分かりやすく教えてもらいました。
クイズなど、参加型というのは頭に入りやすく、楽しい講座でした。ありがとうございます。(40代女性)

とても分かりやすかった。 参加型だったので、それもよかったと思う。(女性・医療関連)

3時間があっという間に感じられるほど、充実した内容で、とても面白かったです。
来年のカラヴァッジョ展にも行きたいと思っていたので、さらに行く楽しみが増えました。
先生の声もとても聞きとりやすく、丁寧に説明してくださったので、わかりやすかったです。(30代女性)

知りたかったことが学べました。ありがとうございます。 長年の疑問もひとつ解けました。
講座の構成が良かったです。 問題>レクチャー>答え合わせと解説はとても有効な流れだと思いました。
(女性・事務系会社員)
d0130395_21111775.jpg


新約聖書物語の場面にそって、まずは自力でカード並べ。。
分からないものはそばに広げておきます。
d0130395_21111790.jpg

スライドの解説を聴きながら、どんどん場面を埋めていきます。
d0130395_21111763.jpg

最後に、復習クイズ!
チームになって、絵だけをみて、作品の画題と描かれた年代を推測するもの。

スライドで紹介した時代や画家の特徴をヒントに、
みごと画家の名前まで当てた人もいたり、、盛り上がりました。。。!
d0130395_21160977.jpg
d0130395_21195781.jpg
d0130395_21111720.jpg
d0130395_21111862.jpg
ご参加ありがとうございました~!
d0130395_21111761.jpg

[PR]
by renji-misugi | 2015-12-01 21:44 | オープンカレッジ | Comments(0)

「はじめてのキリスト教絵画入門」講座

11月のオープンカレッジのご案内です!

「はじめてのキリスト教絵画入門」講座

d0130395_12122566.jpg


ダヴィンチやラファエロの名画はもちろん、
西洋絵画の多くはキリスト教(聖書)に関して描かれたものです。

つまりキリスト教に関する知識がなければ、
単に「キレイ」と言うしかない、見た目の美しさを愛でるにとどまります。

この講座では、さまざまな名画を、聖書の物語の流れに沿って読み解き、
楽しみながら西洋絵画鑑賞の「基礎の基礎」を学びます。

同じ場面の絵でも、時代や画家によって表現が異なることに気づくと、
絵画鑑賞がいっそう味わい深いものとなります。

◆日時:11月29日(日)14:00-17:00
◆場所:ルカノーズアトリエ
講師金古真紀
◆参加費:6,000円(税込6,480円)
 オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
 一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。


以前の講座の様子はこちら↓


★ブログに掲載しておりますオープンカレッジご参加にあたって
を必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。


◆お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)
「はじめてのキリスト教絵画入門」講座 参加希望と明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。

[PR]
by renji-misugi | 2015-11-04 12:25 | オープンカレッジ | Comments(0)

「絵画療法と表現病理」講座レポート! 

「絵画療法と表現病理~心理学からみた芸術とは何か」講座 
今回も夜遅くまで盛り上がりました!

★下記受講者アンケートより

何気なく描いた絵に自分の内面がしっかりと映し出されていて、とても興味深かったです。
本当はこう思っていたんだな、こういう傾向があるんだな、と自分を振り返ることができました。
講義もすごく面白くて、他の画家のお話も聞いてみたいなと思いました。(女性30代)

初めての受講でしたが、奥が深く、自身の内面に直結する療法であることがわかり、大変意義深く感じました。(男性・事務系)

時間がおしてしまったがまだ話が聞きたいくらいだった。(男性40代・自営業)

今回は初めての参加で、アートや絵画療法の知識が全くありませんでしたが、とても楽しく講座を受けることができました。何も考えずに描いた絵に、自分の無意識の心情が表現されていて面白かったです。また、ムンクやアウトサイダーアートの分析や説明も、とても興味深かったです。(30代 企画系)


d0130395_12134807.jpg
d0130395_12134553.jpg

[PR]
by renji-misugi | 2015-10-17 19:50 | オープンカレッジ | Comments(0)

「絵画療法と表現病理」講座!

毎度、大人気の心理療法士 大川ふみ先生の-絵画療法講座-のご案内です!


絵画療法と表現病理~心理学からみた芸術とは何か~

d0130395_17523024.jpg








(写真左は以前CHUM APARTMENTで行われたの時のもの)

「絵画療法」では、絵という手段を使うことで、言葉では表現できないこころの声を聴いていきます。
実際に絵を描きながら、また有名な芸術作品を例に挙げ、心理学的な観点から絵の「読み解き」をしていきます。

今回の講義では、絵の上手い下手はまったく関係ありません。

絵を描きながら、そしてその絵について分析しながら、
普段なら感じ取れないような自らのこころの声に耳を傾けてみましょう。

◆日時:10月11日(日)17:00-20:00
◆場所:ルカノーズアトリエ 地図http://renji8.exblog.jp/6246447/

◆参加費:
6,000円(税込6,480円)
オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。
(定員15名)


以前の講座の様子はこちら↓
http://renji8.exblog.jp/16963983/
描かれた絵の分析が面白すぎ、、みんなの質問が止まらない講座となりました!

講師 大川ふみ
臨床心理士・精神保健福祉士。目白大学院心理学研究科博士課程前期終了。現在は心療内科クリニックのカウンセラー、スクールカウンセラーとして勤務している。研究領域は絵画療法や描画療法、芸術療法など。主な論文に「人物二人法の描画表現における対象関係論的研究」などがある。

★ブログに掲載しております
オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

◆お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)
「絵画療法と表現病理」講座 参加希望と明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。



[PR]
by renji-misugi | 2015-09-07 18:00 | オープンカレッジ | Comments(0)

デュシャン講座レポート8/22!(担・荒井先生)

今回のデュシャン講座、驚くほど大成功な内容でした。デュシャンを学んだだけでなく、荒井先生の活動などもスライドで見たのち、
「1時間で日常品を構成して、コンセプトメイキング!」というゲーム開始。普段絵画のみ制作している生徒さんたちが、初立体に挑戦しかも、コンセプト発表。「コンセプト?」と言ってた生徒さんたちも、やってみるとその意味、良し悪し、さじ加減などを納得することができた様子。
お料理教室のように作り、最後はみんなで味見する・・・深い!

荒井先生ありがとうございました。byレンジ


★下記アンケート・・全員★5つとのこと!

デュシャンは孤高の反逆者だと思っていたのですが、ユーモアのある飄々とした生き様(作品)だったと知り親しみがわきました。 また、初期の作品が印象派、野獣派、立体派などの影響を受けて変遷しているのがよくわかりました。
実技で初めて、自分の作品のコンセプトを語ってみたのは面白い体験でした!(医療関連系)

改めて、美術の価値とはなんだろう?と考えさせられました。難しいですね。 今回は二回目でしたが、前回と違うテーマで制作したのも楽しかったです。いろんな人の作品を見ることができました。(医療関連系)

講義も聞きごたえがあり、デュシャンにより興味を持つことが出来た。 実習では、他の方たちの作品を観て刺激を多いに受けて 充実した時間を過ごせて満足です。先生も生徒にちゃんと向き合って下さって嬉しかったです。(事務系)

アート作品は表面的に表現しているものの奥に作家の哲学的なものがあるんだと知りました。
デュシャンは作品の解説をあまりしなかった人ということで親近感がわきました。 (匿名希望)

コンセプトやテーマを持って制作するということが少しわかったような気がします。
心を開放して...思考して...難しいですが。。デュシャンの泉以外の作品も解説いただき、すごさが実感できました。
普段のクラスでお会いすることのない生徒さんともお話できるので、その点も刺激的です。(事務系会社員)

d0130395_09440033.jpg
d0130395_09492786.jpg
★写真まとめ
https://picasaweb.google.com/104105877318175443939/2015

[PR]
by renji-misugi | 2015-08-31 09:49 | オープンカレッジ | Comments(0)

美術史7万年の骨組みを理解!(凝縮版)講座at池袋コミュニティカレッジ

池袋西武コミュニティカレッジにて、美術史講座を行います。(2時間ぐらいの凝縮版)
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_632964.html

お申し込みはお早めに!

d0130395_17573414.jpg


★↓前回の参加者アンケートより★
(今回は短縮版なので時間の関係でクイズ等は省略となります。)


◆断片的だった美術史にまつわる単語が、意味を持って線でつながりました!
絵画、アートを楽しむための道具を一つ手に入れた感じがします。クイズ形式で最後に「考える」ことで、講座内容の復習につながり、また知識の応用の仕方を学べてよかったです。(事務系会社員・女性)

◆美術史を全く知らずに参加しましたが、わかりやすく楽しく説明していただいたおかげで流れを掴むことができ大満足です。
特に現代アートの部分は、美術史を知る事でその面白さや深みを感じる事ができるようになり、とても良かったです。
まさに、すぐに美術館に行きたくなるような内容でした。
あっという間に時間が過ぎていき、長いと感じる事もなく楽しく学べました。
どうもありがとうございました。(医療系・女性)


・短時間であんなに美術史を簡単に説明してもらえてかなり、目からウロコでした。(20代女性)

・ほんと、今回の講座に参加したら、絵を描いたり、美術館に行くのもますます楽しくなると思う。
(30代女性)

・美術には素人ですが参加いたしました。「自分の知ってる絵」が人類の時間軸とその時代背景に絡ませた内容はわかりやすく、もう一度聞いてみたいと思います。 人間はあたらしいものを求めつつも飽きる生き物であること、時代は繰り返すことなど、今の仕事にも非常に参考になりました。(50代男性・経営・管理職)
詳細
http://renji8.exblog.jp/21626736/
[PR]
by renji-misugi | 2015-08-25 17:54 | オープンカレッジ | Comments(0)

シルクスクリーンTシャツ制作講座(講師:小原あやか)

9月6日(日)のオープンカレッジは「シルクスクリーンTシャツ制作」講座です。

★シルクスクリーンとは?
巨匠アンディウォーホルなどが絵画に用いている版画の技法ですが、
一般的にはTシャツなどのプリントによく使われます。

◆講座のポイント◆・・・・たった1回の受講で、自宅でいつでも、手描き、もしくはパソコンで描いた絵を簡単にTシャツなどにプリントすることが可能になります。

d0130395_9115265.jpg

d0130395_9115852.jpg

d0130395_918579.jpg


◆講師:小原あやか
◆日時:9月6日(日)14時~17時頃
◆場所:ルカノーズアトリエ
◆定員:8名
◆参加費(税込):6,480円 + 材料費1,400円(シルク+木枠1枚、インク等)
(別途オリジナル感光器2400円のところ夏季特別セール1500円!)


■準備していただくもの■

★黒一色で描いた下絵(厚い紙は難しい場合があります。)

<下絵制作について>
A4サイズの中に、15×20cm以内の大きさに、 黒マジックで自由に絵を描いたもの。
(水性、油性ともオーケー。色をつける部分は黒く塗りつぶしてください。)
d0130395_944119.jpg


もちろん、パソコンで制作、プリントアウトした絵も黒1色であれば可。

(注)細い線は出にくいので、線は1ミリ以上の太さにしてください。
(注2)写真のモノクロコピーご持参の場合、グレーの部分などはキレイに出ないので事前にご相談ください。

★無地Tシャツ
ご自分で購入した無地Tシャツをお持ちください。
(ルカノーズにも数枚の予備はありますので、ご相談ください。)

ご不明な点はお気軽にinfo@lukanose.comまでメールください!


●講座の内容・詳細
1.解説(20分)
2.感光(25分)
3.水洗い&乾燥(20分)
4.本刷り (60分)
5.作品鑑賞&お茶。


★集合時間厳守でお願いします。
(全員そろって行う工程が多いため、遅刻された場合ご受講できないことがあります。)


★ブログに掲載しております
オープンカレッジご参加にあたって http://renji8.exblog.jp/11583856/
を必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます(材料費別)。


お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、講座名、日時を明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。
[PR]
by renji-misugi | 2015-08-18 09:16 | オープンカレッジ | Comments(0)

現代アートの流れ(デュシャン以降の立体アート)講座

現代のアートに多大な影響を与え、美術の新しい潮流を生み出したマルセル・デュシャン。
なぜ彼が視覚的美しさや洗練された技巧を懐疑し、
身近な素材を使って作品を制作するに至ったのかを理解しながら、
デュシャンのユーモアと考え方に沿って実際に立体作品を制作します。




☆いつもスマート&クールな荒井先生が久々に登場! 
(超多忙な中、1日だけ空けてもらいました。
 美術大学の大学院のような授業内容を、初心者からお年寄りまで!?
 どなたでも体験していただける面白い機会だと思います。レンジ)


★講師 荒井 伸佳(現代彫刻家)
8月22日(土) 17:00~19:30頃

◆場所:
ルカノーズアトリエ 地図http://renji8.exblog.jp/6246447/

◆参加費:
6,000円(税込6,480円)

オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。
★ブログに掲載しております
オープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

◆お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、日にち、
「現代アートの流れ」講座 参加希望と明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。

[PR]
by renji-misugi | 2015-08-01 22:35 | オープンカレッジ | Comments(0)

美術史7万年講座・いただいたご感想より。

2006年よりスタートした美術史を一気に学ぶ講座、お陰様で今年で9年目となります。
d0130395_10115782.jpg



下記は今回いただいたアンケートより。

◆断片的だった美術史にまつわる単語が、意味を持って線でつながりました!
絵画、アートを楽しむための道具を一つ手に入れた感じがします。
クイズ形式で最後に「考える」ことで、講座内容の復習につながり、
また知識の応用の仕方を学べてよかったです。
最初から時間を長めにとっていただければ、時間を気にせずもっと落ちついて受講できたと思います。(事務系会社員・女性)


◆とても素晴らしい内容でした。 
歴史全体の流れが理解でき、他では教えて貰えないような楽しく理解できる講義でした♪ 
 内容が濃いので、後半時間切れ、気味な、、?もっと聞きたくもったいない感じはありました。
ポップアート以降~現代アートだけで、もっと聞きたい内容でした。 
後半ちょっと、お尻痛かったです(笑)・・・(クリエイティブ系・女性)


◆本当におもしろかったです、美術史はつまらないとおもっていたけれど、すごく興味深く、2回目が待ち遠しかったです。
とても楽しかったので、途中までしかいられなくて、本当に残念でした。
集中して聞けたのであっという間におわっちゃいました。
自分の絵を書く上でもヒントになるような講座で、とても勉強になりました。・・・(自営業・女性)


◆美術史を全く知らずに参加しましたが、わかりやすく楽しく説明していただいたおかげで流れを掴むことができ大満足です。
特に現代アートの部分は、美術史を知る事でその面白さや深みを感じる事ができるようになり、とても良かったです。
まさに、すぐに美術館に行きたくなるような内容でした。
あっという間に時間が過ぎていき、長いと感じる事もなく楽しく学べました。
どうもありがとうございました。(医療系・女性)
[PR]
by renji-misugi | 2015-05-19 10:16 | オープンカレッジ | Comments(0)


絵を楽しく味わいつつも技術も歴史も学びましょう!


by renji-misugi

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
News
教室詳細・クラス
無料体験 受付中!
講師プロフィール
教室風景
オープンカレッジ
展示・イベント
池袋みらい館校
こどもくらす
コンタクト・MAP・公式HP
メディア掲載・協力実績
LINK・生徒作品・コンペ

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...