<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「シルクスクリーンTシャツ制作」講座

7月のオープンカレッジは、毎年大好評の
「シルクスクリーンTシャツ制作」講座です!

d0130395_16103511.jpg


★巨匠画家アンディ・ウォーホルなどが絵画に使用している技法ですが、
お店で売っているような本格派Tシャツを自宅で 制作できるようになる技でもあります。

★一度、版を作ればトレーナーにもパーカー、トートバッグなど 布なら何にでも印刷できるので、
お店でプリントTシャツを買う必要がなくなります。

◆日時:7月7日(土)17時~20時半
     7月8日(日)17時~20時半
 ★各工程、そろって作業を行うため、遅刻厳禁でお願いします!

◆場所:ルカノーズアトリエ
◆参加費6,000円+材料費1,400円※(税込)
※木枠1コ、シルクスクリーン1枚、インク等。
(別途オリジナル感光器を2400円にて販売しております。)

オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます(材料費別)。


■準備していただくもの■

★黒一色で描いた下絵(薄手のA4コピー用紙。厚い紙はNGなので注意!)


<制作例>
d0130395_1691756.jpg


A4サイズ(210mm×294mm)以内の大きさに、
黒マジックでお好みの絵を描いたもの。
(水性、油性ともオーケー。色をつける部分は黒く塗りつぶしてください。)

もちろん、パソコンで制作、プリントアウトした絵も黒1色であれば可。

(注)細い線は出にくいので、線は1ミリ以上の太さにしてください。
(注2)写真のモノクロコピーご持参の場合、グレーの部分などはキレイに出ないので事前にご相談ください。

★無地Tシャツ
ご自分で購入した無地Tシャツをお持ちください。

ご不明な点はお気軽にinfo@lukanose.comまでメールください!


●講座の内容・詳細
1.解説(20分)
2.シルク張り(約25分)
3.感光(10分)
4.水洗い&乾燥(20分)
5.本刷り (30分)
6.作品鑑賞&お茶。

★集合時間厳守でお願いします。
(全員そろって行う工程が多いため、遅刻された場合ご受講できないことがあります。)

★ブログに掲載しておりますオープンカレッジご参加にあたってを必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、講座名、日時を明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。

~ただいまのお申し込み~

7/7(土) 8名様 (残席1名様)

7/8(日) 9名様 (★満席となりました。引き続きキャンセル待ち受付中です)
[PR]
by renji-misugi | 2012-06-17 16:11 | オープンカレッジ | Comments(0)

「イギリスの若いアーティスト達は何をどう考え作品に向かっているのか!?」藤原さゆり 特別講座

6月のオープンカレッジ第2弾のお知らせ!


海外のアート事情について、形式的な情報は美術雑誌やインターネットなどから容易に入手できますが、
実際の空気感というのはなかなかつかめないものです。


そこで今回、イギリスで現在進行形の産直アート情報を収集して帰国した
元ギャラリーオーナーでもある藤原さゆり先生をお招きし、
現地の生の情報をレポートしてもらいます!

アートマニアも興味深々、、といった講座内容になりそうですが、
初心者の方でも勉強になること間違いなしです!


講義の後半は、軽く食事をしながら「日本・ヨーロッパのアート感覚の差異」をテーマに
ディスカッションタイムになります。

奮ってご参加ください!

d0130395_22222587.jpg


■概要■
「イギリスの若いアーティスト達は何をどう考え作品に向かっているのか!?」・・・藤原さゆり 特別講座

~Art&Society アートと社会の関係から、現代のアートが発展する基盤をアーティスト、社会、アートのシステムというポイントから紐解きます~


今回の講師、藤原さゆり氏は2006年から2010年の間ロンドンに滞在。

London大学大学院、Westminster大学大学院で文化政策、
アートマネージメント、視覚文化研究を専攻する傍ら、
イギリスを中心としたユーロ圏のコンテンポラリーアートを幅広く体感してきました。


元々は日本のコンベンショナルな画商に勤務し、
トップクラスのセールスを誇るキャリアウーマンであった彼女が、
日本の美術界に疑問を持ち、30代半ばにして突如渡欧。さてその理由とは?


日本とヨーロッパの絵画流通システムなどの差に目を凝らしつつ、
5年間体当たりで生活し、2010年末帰国。

そんな彼女が大学院で選んだ研究テーマは「若手アーティストたちの自主運営スペースの実情」。

録音機片手にロンドン中の若手アーティストたちにインタビューして巡りました。


イギリスの若いアーティスト達が何をどう考え現代アートに向かっているのか、

イギリス、ヨーロッパはたまた世界のアート界で現在何が起こっているのか、

世界に通用するアートを創るには何を学ぶべきなのか?


日本では曖昧なアート界のメソッドを
リアルなビジュアルレポートを中心に、楽しく紹介してくれます。


◆日 時:6月30日17時~20時頃
◆場 所:ルカノーズアトリエ
◆参加費:6000円(ワイン・バゲットなど軽食付、税込)

オープンカレッジはどなたでもご参加いただけます。
一般クラス会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。

★ブログに掲載しておりますオープンカレッジご参加にあたって
を必ずご確認・ご了承いただいた上でお申込みください。

お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、講座名、日時を明記の上、
info@lukanose.com までご連絡ください。

~ただいまのお申し込み~

11名様

★ゲスト 荒井伸佳先生&(予)小出先生、野上社長
[PR]
by renji-misugi | 2012-06-17 01:05 | オープンカレッジ | Comments(0)

naoki koide講座レポート

今回も癒しのひととき。。!

小出先生の極秘作品制作フローをスライドで見せていただいた後、
同じ素材、技法・・・そして同じ釜で焼いてきていただきます。感謝涙!


d0130395_19141435.jpg
d0130395_17464425.jpg
d0130395_1747492.jpg
d0130395_19141973.jpg
d0130395_19143638.jpg

[PR]
by renji-misugi | 2012-06-16 17:45 | オープンカレッジ | Comments(0)

「一緒に笑おうか!!」~HAKUEIさん撮影レポ~

ある日のアトリエ。

この日のゲストは、以前も取材でルカに来てくださった
PENICILLINのボーカルHAKUEIさん。
(以前の記事http://renji8.exblog.jp/14200256/

今回は、「千人仏プロジェクト」でやった、
国宝広隆寺弥勒菩薩の写仏に参加してもらいました。

d0130395_22373188.jpg


ロックミュージシャンが、写仏!??


ファンの方に怒られそうな気もしますが、

千人仏プロジェクト」は、被災地の方々の心のケア+

モノクロ木炭画の仏像画を1000枚並べて情報発信(展示)をするという

現代アートの一大プロジェクトでもあります。


どの課題もハイレベルに制作完了させてきたHAKUEIさん、

今日も緊張気味の生徒さんを和ませる冗談をまじえながら

いつもながら短時間でぎゅっと集中して制作。。


描いている間中、ブレない背筋が印象的でした。

d0130395_16383679.jpg



モノクロ写真をみながら、木炭で模写しています。

d0130395_16392682.jpg d0130395_16394264.jpg

d0130395_16395923.jpg



完成後、特別に生徒さんたちと記念撮影~☆

d0130395_16412753.jpg


東京から被災地へ向けた情報発信!ということで、作品にメッセージを添えてもらいました^^

「一緒に笑おうか!!ははは!!」



ファンクラブ会報に、この日の様子が掲載される予定です。

★PENICILLINオフィシャルサイト★
http://www.penicillin.jp/


(mk)
[PR]
by renji-misugi | 2012-06-11 12:00 | メディア掲載・協力実績 | Comments(0)

木曜昼クラス再開のお知らせ

4月に変更になったタイムテーブルで、
お休み中とさせていただいておりました木曜の昼クラスですが、
6月より再び開講いたします!

木曜昼[15:00-17:30] 夜[19:00-21:30]


ご予約お待ちしております!

(mk)
[PR]
by renji-misugi | 2012-06-01 23:13 | Comments(0)


絵を楽しく味わいつつも技術も歴史も学びましょう!


by renji-misugi

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
News
教室詳細・クラス
無料体験 受付中!
講師プロフィール
教室風景
オープンカレッジ
展示・イベント
池袋みらい館校
こどもくらす
コンタクト・MAP・公式HP
メディア掲載・協力実績
LINK・生徒作品・コンペ

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...