「マチスの切り絵」講座!

7月19日(土)15時~18時は「マチスの切り絵」講座です。

マチスはセザンヌ、シャニック、ピカソなどなど、
様々な画家の影響を受けながら様々な画風の絵を制作し、
自分の画風を確立していきます。

また、その後の現代アメリカの巨匠フランクステラなど、
数えきれないほど多くの画家に影響を与えました。

~マチス(&ピカソ)が確立した絵画様式は
  100年経過した現代でも生きているのです。 ~


そういった流れを時代ごとに観察しつつ晩年到達した「切り絵」の魅力を解析します。

もちろん、ポイントを理解した上で実制作!

ラクラクだけど奥深い「マチスの切り絵」を楽しみましょう~!

d0130395_11253938.jpg



☆油絵キャリア長い方は、「なんだマチスか、、知ってるから、」と
お思いになるかと思いますが、ガッシュで下塗りされた紙で切り絵を
実際やってみると新鮮に感じるのではないかと思います。
[PR]
# by renji-misugi | 2008-07-11 11:08 | オープンカレッジ | Comments(0)

「Tシャツ印刷講座(シルクスクリーン)」

7月5日、12日は昨年も大好評でした
「Tシャツ印刷講座(シルクスクリーン)」です。


★お店で売ってるレベルの本格派Tシャツを自宅で制作できるようになります。
(商売始められます。笑)

d0130395_1645828.jpg


★しかも今年は電器メーカーが格安で提供してくれたため機器を
持ち帰りオーケー!
(某メーカーのTシャツ制作セットは3万円弱ですが、同じ作業が可能です。)


★一度、版を作ればトレーナーにもパーカー、トートバッグなど布なら何にでも印刷できます。

★絵画にも版画にも使用できます。
 (アニメ作品で有名な某作家も使用してます。)




■7月5日(土)午後6時30分~9時30分(人数限定10名)

■7月12日(土)午後6時30分~9時30分(人数限定10名)



場所 :下目黒住区センター(3階・第1会議室)

     (目黒区下目黒二丁目20番19号 )

地図
http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=n_23244

  
    会場電話:03-5496-5813 レンジ携帯:080-5081-8831



費用7500円(自宅でできるTシャツ制作用具代込み!)

感光用蛍光灯セット
木枠&シルクスクリーン
ガンタッカー!
アクリル板
瞬間接着剤
Tシャツ



■準備するもの■

★黒一色で描いた下絵

制作例・・・画像3参照

B4サイズ(364mm×257mm)以内の大きさに、
黒マジックで好きな絵を描いたもの。
(水性、油性ともオーケー。色をつける部分は黒く塗りつぶしてください。)


もちろん、パソコンで制作したものも黒インクのみの印刷であればオーケー。

(注)細い線は出にくいので、線は1ミリ以上の太さにしてください。

d0130395_1652971.jpg


★Tシャツ
MサイズTシャツはご用意してありますが、
ご自分でチョイスした無地Tシャツもお持ちいただければベスト。


不明な点はお気軽にメールくださいませ!。





●講座の内容・詳細

1.解説(20分)
2.シルク張り(約25分)
3.感光(10分)
4.水洗い&乾燥(20分)
5.本刷り (30分)
6.作品鑑賞&お茶。




(今回は機材注文のため、6月26日までに参加料振込みをお願いすることになります。詳細は後ほどメールにて。)

d0130395_1655481.jpg

[PR]
# by renji-misugi | 2008-06-11 16:03 | オープンカレッジ | Comments(0)

大川ふみ先生の「絵画療法講座」!

6月21日(土)17時30分~21時

昨年も大好評でした心理療法士・大川ふみ先生の「絵画療法講座」。

集団・無言の中のフィンガーペーイント、、
様々な人間性が投影され、不思議な癒しがあります。

詳細は秘密です。


また、ふみ先生が勤務されている精神科病棟の雰囲気だとか、
医師たちの苦労とかリアルな現場のお話~。


当日は汚れてもいい格好でお越しください。

講義・約30分
体験制作・約60分
解説・約30分
談話withケーキ&ティー

(個別の絵画分析は時間がかかりすぎるということで、今回は昨年とほぼ同じ内容になります。予めご了承ください。個人的に質問してみるとか、、!)


お申し込みはjun8@k6.dion.ne.jpまで!
d0130395_22263774.jpg
d0130395_22265135.jpg

[PR]
# by renji-misugi | 2008-06-03 22:26 | オープンカレッジ | Comments(0)

ゲイサイレポ

さて、、やっといろいろなことから少し開放されて、気分のいい朝です。

今の東京の湿度と天気はけっこう南の島に近いような気がして、
ニューカレドニアの風景DVDを流しっぱなしにしたりして。(乙女のようなことしてるか。笑)

d0130395_10262096.jpg


そうそう、ゲイサイのレポート。。短めに。


★村上隆が、みんなへのお礼!といって始めたゲイサイですが、
「本当にお礼かも」と感じています。

というのは、
10年ぐらい前までの日本のアーティストといえば、
銀座で1週間20万~30万というお金(貧乏アーティストにとっては命がけ!)を
払って場所を借り、
来もしない美術評論家、ギャラリストを1週間も画廊にこもって待ち続ける、、という
効率最悪の発表があたりまえでした。

(アーティスト中村信夫さんや中村政人さんの本でもその悲惨な状況がネタになってタな。)


それがゲイサイ会場には
美術手帳、イラストレーター誌などの美術雑誌編集長、
ギャラリスト、有名評論家、美術館館長、個人コレクターなどもゾロゾロ。

椹木 野衣もベビーカー押してフラフラしてたし。

(ビッグサイトまでわざわざ来る人なわけだから、関係者、マニアのオンパレード)



まさに「村上隆の恩返し」、、で
一生懸命制作しているアーティストが効率よく見てもらえる場ができてる。
(僕が村上氏なら同じ企画をしただろうな、、と勝手に妄想。笑)



ということで、素晴らしい企画ではあるのですが、

やはり100%というのは難しいもので、出展者の数が多すぎるにも関わらず

審査員は数時間で審査を終了させねばならず、スタンダードな絵は全く目立たない状態。

(スタンダードなボクサーが総合格闘技のリングに立っても寝技で秒殺されてしまうみたいな。・・・・意味不明の例えか?)


作品は低レベルでも着ぐるみを着ていれば注目される、金ちゃんの仮装大賞みたいなノリもあり。


まさに目立つが勝ち!の総合アート格闘技場となってます。





このようなメリットデメリットはいろいろ出てきますが、

やっとJリーグ開幕した頃のサッカーみたく、

日本でも美術が面白くなってきたのは事実なのかも!?


今回のシリーズは完全無視に近い評価をいただいたので(涙)
ゲイサイ対応の企画をして、またトライしてみたいと思ってます。

(作品のマーケティングにいいとも言える。)


d0130395_11312892.jpg

[PR]
# by renji-misugi | 2008-05-24 10:10 | News | Comments(12)

マイッコ姫結婚式

ゲイサイや講座などで報告遅くなりました~(汗)。

5月4日

マイミク&キュレーター・マイッコ姫の結婚式カメラマンを担当させていただきました。


ご夫婦そろってアート系。

(仕事ができそうなしっかり系の方ネ。僕のようなダメダメ画家系とはぜんぜんちがいます。)


マイッコさんのお父様はダンディでダジャレ&アート好きでとても楽しい方でした~。


お父様と挨拶後、5分で、、「デッサンは大切か!?」の議論。(爆)

さすが学芸員の父。



「最近は会田誠などがデッサン、、、まぁ適当で、、、」と言ってますが、と言うと、

がっかりした様子で、

「デッサンは重要じゃないと言うのかーーーーっ!若造はー!」、、、、とか。。。(脚色あり)


d0130395_185426.jpg
d0130395_1851880.jpg


マイッコ姫今後ともよろしくお願い致します。

&末永くお幸せに~!!
[PR]
# by renji-misugi | 2008-05-23 17:21 | News | Comments(6)

現代音楽講座・・・・川瀬浩介先生

5月17日は川瀬先生の現代音楽講座!

みんなで作詞!?したり、録音したり、、。
新鮮で楽しい経験でした。

川瀬先生アリガトゥ~!
またよろしく~!


↓フォトアルバム

http://photos.yahoo.co.jp/ph/renji666/lst?.dir=/6f27&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/

d0130395_20404069.jpg
d0130395_20411866.jpg
d0130395_20413545.jpg

[PR]
# by renji-misugi | 2008-05-18 20:02 | オープンカレッジ | Comments(10)

浮草

ゲイサイのレポートを書こうと思いつつ、バタバタなので来週までお待ちを!

その前に、、、例の肖像画2枚目を仕上げなきゃいかん、、、とBGVに「浮草」。


これほどの映画観てなかったなんて、、、、イカン、、仕事が進まない~!


http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0015349/
[PR]
# by renji-misugi | 2008-05-15 13:45 | News | Comments(0)

ゲイサイ搬入完了

d0130395_22261159.jpg




ゲイサイ、、一度は体験してみたいと思っていたので今回初めて出してみました。

壁アリ照明付きブースは1日で12万円弱。

(1日の展示でこれだけ取るってある意味スゴイ)


何も知らずにいらない机まで借りちゃって、、それで8千円。



で、、実際、展示場に行ってみるとブースは思っていた以上に圧迫感アリ、

何より最悪なのが壁。

ベニヤに骨組みしてあるだけなので釘を打とうにもスカスカ。


ま、、こんなことぐらいは想定の範囲ですが。笑


(常連の方々は1コマ2万円ぐらいの壁ナシブースを4つぐらい借りて、
安く広い場所で展示、、、。そういうコツがあるのね~!)





周りで展示している方々は、もう慣れているらしく、

専用のファイルスタンドなどを持ち込んでてキレイにやっとるし

バッチリ気合い入ってる方が多く作品点数、大きさも最大限度まで壁を使ってる~。



僕のように小さな絵3点、ドローイング1点なんて人は他になし。汗

気楽に行き過ぎたか、、、、壁のアキの美を追求するしかない。笑



斜め向かいに最近様々なコンペで入賞しまくってる作風作品が、、、

武蔵美出身の杉田氏。腰の低いナイスな青年でした!。


明日は9時半からオープニングセレモニー。
夕方はAKB40?42?とかいう少女たちのライブがあるとか、、!?


こうなったら文化祭ノリで楽しみます。


(写真は新作・Enkuシリーズ)
[PR]
# by renji-misugi | 2008-05-10 22:05 | News | Comments(4)

キャンバスの張り方

「はじめての油絵」講座でもやりましたキャンバス張り。


画材屋さんのブログで親切に説明してくれてるのを発見。

復習にいかが!?

http://kawachi-tennoji.sblo.jp/article/4878525.html



最近の画家たちはキャンバスの横面に釘が見えるのを嫌う場合が多いですよね。。
作家にもよりますが、、。

http://funaoka-canvas.com/yourself_float.html


リュック・タイマンスは釘そのまま露出系でした。
ポルケなんかはガンタッカーそのまま露出、、。


作品がよければ気にしなくてもいいのかもしれませんがお好みで、、。
[PR]
# by renji-misugi | 2008-05-05 20:48 | News | Comments(2)

現代音楽の基礎知識&体験講座

「絵画教室」として言ってはいるものの様々な「芸術」を紹介していきたいと思っております。



5月は現代美術家、音楽家の川瀬浩介先生の講座です。

もちろん、難しいことはなにもありません!完全初心者対象です。


★受講者全員参加で「1曲」完成させる!

当日は、スティーヴ・ライヒ「Come Out」(1966)を題材として、

現在のポピュラー音楽にまで通ずる「ミニマル・ミュージック」の手法を体験します。




日時   : 5月17日(土)15:00〜17:30頃

場所   : チャム・アパートメント http://www.chum-apt.net/

参加費 : ¥6、000(ケーキ、ドリンク付き)




授業前半は川瀬氏の作品紹介、
授業後半では、受講者全員参加による「楽曲」を録音、制作します。

楽器が演奏できなくても大丈夫です。
声をだしたり、身の回りのものを叩いたり…
どんなスタイルであれ「音」を出して参加してください!

楽器が演奏できる方は、持参していただいてかまいません。
たて笛、ハーモニカ、ピアニカ、ギター…なんでもOKです。


授業の詳細、ならびに予習のためのオススメCD紹介などは、こちらを↓ご覧ください。


★講師から自己紹介を兼ねて制作した楽曲もご試聴頂けます。
 http://www.kawasekohske.info/GOT/




■川瀬浩介(かわせこうすけ)作曲家・芸術家

TV、CM、WEBのための商業音楽作品を始め、アート系映像作品への楽曲提供、
ダンス・パフォーマンスやコンテンポラリーバレエのための作曲まで幅広く手がける。
近作は、NHK教育「からだであそぼ」の音楽を一部担当
(「ケインのたいそう」ケイン・コスギ、「踊る内蔵」森山開次、他)。
チャーミングなものからロマンティックなもの、
さらには実験的なものまでカバーするその作風は、ユニークかつ衝撃的で、美しい。
2002年より、光や映像、音を用いたアート作品の制作/発表を開始。
表現形態を問わず、「間口が広く奥行きのあるもの」を追求する日々を過ごしている。



川瀬浩介 公式ホームページ
http://www.kawasekohske.info/

プロフィール
http://www.kawasekohske.info/jp/profile/

代表作「ベアリング・グロッケン」
http://www.kawasekohske.info/BG/ ベアリングの球が跳躍しながら鉄琴を自動演奏します。

「ベアリング・グロッケン」世界初演記録映像はこちら。
http://www.kawasekohske.info/jp/works/bg/#youtube


d0130395_7572124.jpg
d0130395_7573785.jpg





写真上・・・Long Autumn Sweet Thing(川瀬浩介展@Bギャラリー, 2003
写真下・・・BEARINGS GLOCKEN(NSKベアリングアート展@スパイラル, 2006
[PR]
# by renji-misugi | 2008-04-30 08:36 | オープンカレッジ | Comments(5)


絵を楽しく味わいつつも技術も歴史も学びましょう!


by renji-misugi

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
News
教室詳細・クラス
無料体験 受付中!
講師プロフィール
教室風景
オープンカレッジ
展示・イベント
池袋みらい館校
こどもくらす
コンタクト・MAP・公式HP
メディア掲載・協力実績
LINK・生徒作品・コンペ

記事ランキング

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...